半信半疑だった電話占いを利用して前向きになれました

“利用する前は怪しいと感じていた電話占いですが、雑誌で自分が好きな占い師も電話占いで占ってもらえることを知りました。そこで、人間関係で悩んでいたので一度利用してみたいと思い、電話をしてみました。どうせ占ってもらうなら当たるところがいいと思いましたので、インターネットの口コミを見て評判がよかった電話占いピュアリに登録しました。在籍している占い師は何人もいて、占い師のプロフィールを見て選んでいるだけでおもしろかったです。霊感、霊視、未来予知、タロットなど占い師によって鑑定の方法が違うので、相談内容によって占い師を選ぶのがいいとネットに書いてありました。
電話越しで本当に占いができるのか最初は不安でしたが、占い師に自分の名前、誕生日を伝えると自分が仕事での人間関係で悩んでいることを当てられて驚きました。その後は対面で占いをしてもらっているように仕事や恋愛の事でこれからどうしていけばいいのか教えてもらえました。占いが終わる頃には肩の荷が下りたような気持ちになりました。その後は、仕事でもくよくよすることがなく営業も上手くいっています。現在も辛いことがあったり、悩んだことがあったら電話占いを利用したり、メール占いも利用しています。どちらの占いもピュアリなら24時間営業、仕事帰りで遅くなった際も利用できるので、助かっています。”

転職活動を中断して掴んだきっかけ
“電話占いを友人から勧められましたが、初めのうちは怪しいと思っていました。
でも、友人が電話占いで受けたアドバイスを実行したら、運気が良くなってきたと言っていたのと、友人が以前より笑顔でいる時間が増えたように感じていたので、自分も利用してみようかなという気持ちになりました。
友人がよく利用している電話占いピュアリを紹介してもらい、今現在、行き詰まりを感じている転職活動について相談してみました。占い師の方によると、今は転職のタイミングとしてはあまり良くない時期で、現在の仕事をもう少し続けてみると、何かきっかけが掴めるとのことでした。
アドバイス通りに仕事を続けていたら、新しいプロジェクトを任されることになりました。しかも、学生時代から興味を持っていた分野の方と一緒に進める仕事です。これが良いきっかけとなるように、頑張りたいです。また何か仕事で行き詰まることがあれば、電話占ピュアリの先生を頼ろうと思います。”

電話占い師って信用できるの?って思ってました
“電話占いってみなさんどんなイメージ持ちますか?私もちょっと前までは電話で何がわかるんだろ、適当言ってるだけじゃないのって怪しい物と思っていました。でも友達が1回やってみなというから、その時にすすめられた電話占いピュアリでこの前元カレとの復縁について聞いてみたんです。私が適当に選んだ占い師はタロット占いの人でしたけど、電話越しにきちんと私の考えを当ててきてびっくり。彼氏のこと忘れられないって見透かされちゃいました。
そしてどうしたら良いか具体的なアドバイスを聞いたら、勉強のことで連絡を取りなさいと言われました。同じ学部なのでレポートについて聞きたいことがあるとメールをダメ元で送ったら、図書館で会うなら別にいいとメールがきて会うことに。あくまで変な素振りは見せずに純粋な気持ちで勉強のこと聞いたら、見なおしたって言われちゃいました。元カレは私のいい加減っぽいところが嫌になったみたいだったので、その印象がまじめに変わったと言われて、また付きあうことに。凄くハッピーになれました!電話占いでも十分当たるんです。手軽に聞けるので、悩むよりまず変えてみたら道が開けると思います。”

電話占いで言われた事が全部当たりました
“初めて電話占いピュアリを利用したのですが、これが本当にすごくてびっくりです。前々からピュアリは友達に「当たるから電話してみなよ」とすすめられていて、とても気になっていたのですが、電話占いというとちょっと怪しいイメージがありました。しかし、これだけ当たると、すごい人はすごいんだなと実感しました。
最近将来が不安になって、この先どうなるのかすごく気になり占いをしてもらう事にしました。電話占いなら気軽だったので、さっそく電話してみると、直接会ってもいないのに、私の性格や現状などをどんどん言い当てられました。そして、本題の将来についてを聞いてみると、30代で良い人と出会い結婚する、今の仕事は将来性がないから転職を考えた方が良い、健康が不安定になる時期だから気をつけた方が良いなど、事細かに色々な事を言われました。ちょっと半信半疑でしたが、健康が不安定にあるのが心配だったので、病院に検査しに行ってみると、肝臓が弱っていたのが分かりました。早めに分かったので、特に問題がなかったのですが、占いをせずにそのままにしていたらと思うと怖かったです。これだけ当たると、他の占いも信じたくなりました。”

Comments are closed.